ハウスメーカー選びで参考になるポイントとは?|イエペディア

ハウスメーカー選びで参考になるポイントとは?

それぞれの建築業者の選び方のポイントを見ていきましょう。まずは、ハウスメーカーからです。

気をつけるべきポイントは3つ

ハウスメーカーの場合は、工務店と設計事務所(デザイナーズハウス)の2つとは異なり、選択肢が非常に多いのが特徴です。そのため、ある程度フィルターにかけて精査していく必要があります。フィルターは以下の通りです。

 

1.メーカーとしての信用と評判

2.工法技術

3.金額

 

1はほかの2つにも共通することです。必ずそのハウスメーカーの評判を確かめましょう。大きな事故はないか、接客態度は良いかなどです。

接客態度の良しあしは人によって評価が変わってきますが、「施主側の希望を丁寧に聞いてくれない」などの意見が多い場合は注意した方がよいでしょう。

 

工法技術も重要です。「冬場の過ごしやすさに特化した家造り」をしているハウスメーカーは雪国などでは選ぶべきハウスメーカーの筆頭に挙がってきますが、それ以外の地域では優先順位は高くなりません。

自分の地域や自分の希望(「地震に強い家が良い」「木材だけで造られた家が良い」など)に合うところを選びましょう。

 

また、「金額」も重要です。注文住宅の場合は特に、「お金をかけようと思えばいくらでもお金をかけられる」という事実がありますが、それでも各ハウスメーカーに「相場」があります。

これもフィルターの1つとして役立ちます。

関連記事