地鎮祭の服装はなにがいい?家を建てるときに知っておきたい基礎知識|イエペディア

地鎮祭の服装はなにがいい?家を建てるときに知っておきたい基礎知識

地鎮祭に参加する際の服装について見ていきましょう。

なお、「個人宅の地鎮祭か、それとも会社関係の地鎮祭か」によって求められる服装のマナーは異なりますが、ここでは前者のみを取り上げます。

地鎮祭の服装

地鎮祭の場合、そこに参加する建築業者は、スーツもしくはその会社の作業着で参列することになります。また、神主は神職に相応しい格好で儀式を執り行います。

しかし施主の場合、それほど厳密には定められていません。「動きやすい格好でよい」「ジーンズなどは避けた方がよいが、平服でも構わない」と考えられています。この日のために新しく服を買う必要もありません。

ただ、地鎮祭は「神様に対峙する儀式」でもあります。たしかに平服でも構いませんが、スーツなどにするのもよいでしょう。

現在は地鎮祭は家族と神主、そして建築業者だけで行うのが一般的ですが、親族などを招いて行う場合は特にこれを意識した方が無難です。

また、スーツほどでなくても、ジャケットにパンツをあわせるなどのある程度かっちりした服装を選ぶのもよいかもしれません。この場合は、お子さんも制服で参加させるとよいでしょう。

明確は決まりがあるわけではないため、地鎮祭に着て行く服は家庭ごとで大きなばらつきがあります。不安な場合は、建築業者に聞きましょう。

 

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事