持病を持っている方は住宅ローンを組めない?団体信用保険に加入できない時はどうするのか|イエペディア

持病を持っている方は住宅ローンを組めない?団体信用保険に加入できない時はどうするのか

団体信用生命保険は基本加入が必要

住宅ローンを組むには団体信用生命保険に加入しなければなりません。

団体信用生命保険は、債務者が亡くなってしまった後に、遺族の方がローン返済を滞らせてしまうのを避けるためのものでもあり、金融機関としては団体信用生命保険に加入できないと融資しないのが原則です。

一部、属性や年収が非常に良いなどの好条件の方は団体信用生命保険なしで利用することが出来るケースもあるため、まずは金融機関に相談してみるとよいでしょう。

団体信用生命保険に加入できない時は

一方、そうでない方にとってはフラット35が利用の候補として上がります。

フラット35は、団体信用生命保険を外して融資を受けることが可能だからです。

持病を持っている方で、健康状況が問題で民間の金融機関から融資の承認を得られない方は、フラット35の団体信用生命保険なしのものを利用するとよいでしょう。

なお、団体信用生命保険なしにしてしまうと、仮に亡くなってしまった場合に住宅ローンを家族に遺してしまうことになり不安ですよね。

その場合、民間の保険会社で、持病を持っている方対象にやや高めの保険料で保険に加入できる商品も出されているので、そうした商品の利用を検討してみましょう。

 

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事