ローンを組む前に収支を確認!団体信用生命保険による保険の見直し|イエペディア

ローンを組む前に収支を確認!団体信用生命保険による保険の見直し

住宅購入資金は毎月返済額も高額になることから、住宅購入と併せて、将来に渡ってお金の収支等をプランニング(=ライフプランニング)することがあります。

この機会に生命保険を見直そう

住宅ローンによる毎月返済額が増えたことで、毎月のやりくりが厳しくなったり貯蓄額を増やしたりしたいといった要望が合った時に、手を付けることの多いものの一つに保険料があります。

保険料は生命保険(定額や終身)の他、医療保険や学資保険などもあり、人によってはかなり高額の保険料を支払っていることがあります。

確かに、何かあった時の備えとしてはあるに越したことはありませんが、それにより収支のバランスが崩れるようであれば、やはり見直しの必要があると言えるでしょう。

とはいえ、住宅ローンには団体信用生命保険があるため、この分を考慮した上で見直しをすれば住宅購入の前後で保障内容にそこまで違いがないこともあります。

団体信用生命保険は生命保険の代わり

例えば、3,000万円の住宅ローンを組んで住宅を購入した場合、3,000万円の生命保険に加入したのと同じ効果があります。

仮に、返済途中で亡くなってしまえば住宅ローンの残債が0円となり、家が残るため、そのまま住むこともできれば、賃貸に出して年金替わりにしたり、売却してまとまったお金を得たりすることもできます。

上記のような効果について、加入している保険と内容が被るものがあれば、解約することで毎月の手残り額を大きくすることができます。

 

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事