夫婦で住宅ローンを組むと住宅ローン控除がお得になる?|イエペディア

夫婦で住宅ローンを組むと住宅ローン控除がお得になる?

一定の要件を満たした住宅を住宅ローンを利用して購入すると、最初の10年間、住宅ローン年末残高の1%について所得税と住民税から控除を受けられる住宅ローン控除という制度があります。

住宅ローン控除とは

最大で毎年40万円、10年間で400万円もの控除を受けられる非常にお得な制度なのですが、あくまでも所得税と住民税からの控除のため、そもそも納めていなければ控除されないという側面もあります。

例えば、年収400万円の方で所得税を10万円程度、住民税を20万円程度納めている場合、住民税は最大13.5万円までの控除となるため、4,000万円住宅ローンを組んでも23.5万円しか適用されず、残りの控除枠がムダになってしまいます。

こうした方も、夫婦で住宅ローンを組むともっとお得に住宅ローン控除を受けられることがあります。

例えば、奥様が年収300万円で所得税7万円、住民税10万円納めていた場合、奥様が住宅ローン控除の枠の内17万円分を利用するようにすることもでき、2人で40万円の枠を最大限活用できます。

ただし、この枠は最初に債務の持ち分として設定する必要があり、将来的に奥様が子供を産んで産休や育休を取る予定があるのであれば、その期間は住宅ローン控除を受けられなくなる点に注意が必要です。

 

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事