太陽光発電システムはお得?その現状とメリットとは|イエペディア

太陽光発電システムはお得?その現状とメリットとは

住宅の建築と併せて、太陽光発電システムの設置を検討する方もいらっしゃるかと思いますが、実際のところ太陽光発電システムの設置はお得なのでしょうか?

太陽光システムの現状

「昔は買取価格が高かったけど、今は安くなっているからうまみはないのではないか?」と思われている方もいらっしゃるかと思いますが、それに比例して太陽光発電システムの設置費用も安くなっているので、「費用対効果」という意味ではそれほど変わりません

また、住宅用の太陽光発電システムの場合、「売電」も大事ですが「節電」も同じくらい大切です。

住宅用の太陽光発電システムの場合、発電した電気は最初に家の中で消費されてから、余った分が売電されるからです。

つまり、「買うはずだった電力が買わなくてもよくなった」ということで、原子力発電所などの問題で電気料金が上昇傾向にある昨今の方が、太陽光発電システムをお得に利用できると考えることもできます。

さらに、「売電」の固定価格は10年で終了してしまいますが、「節電」部分に関しては固定買取期間が終了しても継続してメリットを受け続けることができます。

このように、住宅を建てるにあたり、太陽光発電システムを設置するべきかどうかの判断基準については、買電価格だけでなく、システムの価格や節電効果も併せて考えることが大切です。

 

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事