理想のキッチン間取り~洗い場のみオープン、ほかの部分はクローズ|イエペディア

理想のキッチン間取り~洗い場のみオープン、ほかの部分はクローズ

 

セミクローズ/セミオープン型のキッチンにも、いろいろ種類があります。

今回はそのなかから、「洗い場のみがオープンな空間で、ほかの部分はクローズ」となっているキッチンのメリットとデメリットを紹介します。

ここでも、壁の奥側から、コンロ→まな板などを置いて作業をするスペース→洗い場 となっているワークスペース台を想定してお話していきます。

メリット

このタイプの場合、「作業するスペースの前まで壁があり、洗い場の前のみオープンになっている」という形式を指します。

また、作業するスペースの半分程度までに壁があるかたちもあります。

コンロの前までだけ壁がある場合とは異なり、包丁も安心して使えるというメリットがあります。

また壁で区切られている部分が多いため、もっとも散らかるであろう「作業している部分」をリビングから隠すことが可能といった魅力もあります。

デメリット

ただ、当然のことではありますが、クローズ部分が大きいため採光の面では難が生じやすくなります。

また、リビングに対する死角も大きくなるため、リビングの様子が確認しにくくなるのもデメリットです。

 

キッチンのタイプは、どれが良くてどれが悪いということはありません。

ライフスタイルにあったタイプを選びましょう。

 

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事