平屋の改築工事について|イエペディア

平屋の改築工事について

平屋を改築する場合について考えていきましょう。

減築や建て替えで平屋にする場合

まず、「2階建ての家だったが、平屋に変更する」という場合です。現在はこのようなやり方をとる家庭もあります。

この場合は、かなり多額の出費がかかります。安くても500万円程度はかかりますし、場合によっては2000万円を超えるケースもあります。

「家自体の老朽化も進んでおり、ほとんど『建て替え』のようなかたちをとりたい」という場合は、3000万円以上になることもあります。

平屋を増築する場合

対して、「平屋のままで部屋を増やしたい」ということであれば、1㎡あたり40万円程度も出せば増築が可能です。

また、間取りを変更するだけならば、高くても400万円以下で工事が可能でしょう。

水回りのリフォームやバリアフリー化を視野にいれた場合

なお、平屋の改築工事を行う際には、単純に間取りを変えたり面積を狭く(広く)したりするだけでなく、トイレや風呂場といった水回りを中心として改築をしていく家庭も多いものです。

この場合はさらに費用がかさみます。トイレのリフォームや洗面台のリフォームは50万円程度かかることもありますし、バスの場合は100万円を超えることもあります。

また、バリアフリー化するのであれば、当然そのお金もかかります。

「将来的に家をリフォームするつもりだ」ということであれば、その分の予算はしっかりと確保しておくべきです。

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事