平屋と坪数~狭い土地に平屋を建てる際に意識するべきこと|イエペディア

平屋と坪数~狭い土地に平屋を建てる際に意識するべきこと

平屋と坪数の関係

「平屋の場合は、土地が広くないと厳しい」ということは、よく知られています。

2階部分を作らないので、2階に置かれることが多い部屋(子ども部屋や寝室など)のために坪数が必要になるからです。

平屋にはどれくらいの坪数が理想?

3~4人暮らしならば、35坪~40坪くらいはあった方がよいとされています。

ただ、「土地は狭くても、どうしても平屋にしたい」という人もいるでしょう。

この場合は、「自分たちの持っている土地の広さで、どれくらいの部屋数が確保できるか」を考えておく必要があります。

20坪程度の場合は、少し広めのリビングと、洋室2つ(6畳程度)が限界となるでしょう。

1~2人暮らしの場合はこれくらいの広さがあれば、それほど不都合はないかと思われます。

ただ、子どもが2人以上いる場合はかなり手狭に感じられるでしょう。

実際に活用できる坪数にも注意

また、家は、土地一杯に建てられるわけではないと考えるのが妥当です。

土地の広さに対して30パーセント~80パーセント程度の広さでしか家を建てることはできません。

30坪の土地には、30坪の平屋を建てることはできないわけです。

 

平屋を建てる際には、2階建ての家以上に、この「土地の広さ」が重要になってきます。

それを理解したうえで家を建てていく必要があります。

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事