平屋とバリアフリー設計について~老後の生活を考える|イエペディア

平屋とバリアフリー設計について~老後の生活を考える

平屋とバリアフリーの関係性

平屋は、年を重ねた後の生活に優しい家だといわれています。階段がなく、1階で生活が完結するからです。

足腰が弱くなった後でも生活がしやすく、無理に2階に上がる必要もありません。

このため、引退後に老後の生活を考えて、2階建ての家を平屋にリフォームする人もいます。

老後を意識した平屋づくり

ただ、「平屋=バリアフリー住宅である」と考えるのは誤りです。

平屋であっても段差が厳しい設計にしてしまえばバリアフリー住宅とは言い難いですし、廊下が狭すぎて車いすが通れないようであれば車いす生活になったときに不便を感じます。

このため、「老後の生活をラクにすること」を目的として平屋にするのであれば、初めからそれを考えたうえで設計をしていかなければなりません。

広めに廊下をとり、通行の障害となる段差を作らないようにします。

ただ、「段差がないこと=バリアフリー住宅である」ともいえません。

腰かけて移動するためには適度な段差があった方がよいこともあるからです。

老後の生活を快適にすることを目的として平屋を希望あるいはリフォームする場合は、設計の段階でそれをしっかりと伝えるようにしてください。

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事