平屋は何人家族向け?|イエペディア

平屋は何人家族向け?

一口に「平屋」といっても、その広さはさまざまです。

ただ、「何人暮らしで何坪ならば、余裕のある暮らしができるか」を考えていく必要があります。

目安となる平屋の坪数とは?

一般的に、3人~4人家族の場合は、35坪~40坪程度の広さが必要であるとされています。

小さ目の子ども部屋が2つあり、寝室が1つあり、LDKがあり、お風呂とトイレがあり、場合によっては和室もある……という、「一般的な住宅の広さ」がこのあたりです。

逆にいうのであれば、これだけの面積を確保できないのであれば、平屋で3~4人で暮らすのは少し厳しいかもしれません。

平屋を建てるときに気を付けたいこと

家を建てるときは原則として「現在の家族の人数」もしくは「今から増えるであろう家族の人数」を念頭において、形態を考えていくべきです。

平屋はプライバシーの確保が難しいこともあり、35坪以下しか確保できないのに無理に平屋にしてしまうと、逆に家族の間にぎくしゃくした空気が生まれかねません。

このような場合は、まずは2階建てで家を建てて、家族が少なくなったら平屋にリフォームする……などのやり方が望ましいといえます。

逆にいえば、十分な土地を確保することができるのであれば、家族の人数が多くても平屋にして問題はないでしょう。

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事