平屋のネックとなる「土地の広さ」に関して|イエペディア

平屋のネックとなる「土地の広さ」に関して

 

平屋を建てる場合、「土地の広さ」を考える必要があります。

土地の広さと平屋の関係性とは?

平屋の場合、1階部分ですべての機能を完結させる必要があります。

一般的な家庭は2階部分に子ども部屋や寝室を作りますが、それもすべて1階におかれることになるため、広い土地が必要となります。

平屋を建てるうえでは、この「広い土地が必要となること」が大きなネックとなってきます。

実際、平屋を建てることを検討している人のうちの半分近くが、この「土地の広さ」を懸念材料として挙げています。

また、「自分の持っている土地いっぱいいっぱいに建築物を建てること」はできません。法律に定められた余裕を持たせなければなりません。

土地が安いところや親世代から土地を受け継いだ人ならば平屋はとても建てやすいのですが、都心部などではなかなか建てにくいのが現状です。

ただ、「子どもも巣立ったので、もう自分達夫婦しか住んでいない。子ども部屋も必要としていないので、家自体も狭くしたい。その流れで平屋にする」という場合はそれほど気にしなくてもよいでしょう。

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事