平屋のメリット~年齢を重ねた後の話|イエペディア

平屋のメリット~年齢を重ねた後の話

平屋を選ぶメリットとしてよく取り上げられるのが、「高齢者になってからの話」です。

平屋は、年を重ねた後に住む家として非常に適しているといえます。

高齢者に優しい家づくり

一番大きな特長は、「上下の移動がない」という点です。階段を使わなくて済むため、足腰が弱くなった後でも過ごしやすいといえます。

行動導線がすべて並行移動で済むため、非常に住みやすいのです。

車いす生活になった場合、2階に移動するには人力での移動か屋内エレベーターの設置が求められます。

しかし平屋ならばこのような心配もいりません。ただ、「平屋でありさえすれば車いす利用ができる」というわけではありません。

車いすを使うことを想定しているのであれば、廊下の幅などにある程度余裕を持たせた方がよいでしょう。

平屋は災害にも強く、地震や台風がきても2階建てほど衝撃がきません。年を重ねると若いときほど機敏に動けなくなりますから、このような「災害対策ができる家」は大きな価値を持つことになります。

平屋は高齢者に適した住まいの形態であるため、「若いうちは2階建て以上の家に住んでいたが、引退したタイミングで平屋にリフォームした」という家庭も珍しくありません。

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事