理想のキッチン・作業台を考える~L字型について|イエペディア

理想のキッチン・作業台を考える~L字型について

キッチンを考えるとき、「キッチンの作業台」を考えることは非常に重要です。キッチンの作業台にはコンロや洗い場がしつらえられており、包丁(まな板)を使うスペースがあります。

キッチンの主役となるものですが、これにもいくつかの種類があります。

「Uの字型」と少し近いものに、「L字型」があります。これの特徴について見ていきましょう。

L字型 とは

L字型は、文字通り、Lのかたちを描くタイプです。短辺にコンロもしくは洗い場を設置し、長辺に作業スペースと洗い場もしくはコンロを設置します。

メリット

I型(後述します)に比べると作業スペースを広くとることができるのが特徴です。その分収納スペースも増やすことができます。

また、U字型ほどの畳数は必要ないため、LDKをあまり広く取れない家でも利用することができます。

「料理はしっかりしたいけれど、スペースの問題や料金の問題でU字型は厳しい」というときに検討してみるとよいでしょう。

デメリット

ただ、L字型の場合、どうしてもL字の角にあたる部分がデッドスペースになりがちです。物を置くために使うこともできますが、どうしてもこの部分は使い勝手が悪くなるため、ここをどのように使うかを検討していかなければなりません。

加えて、この部分は収納スペースも作りづらいというデメリットがあります。

L字型では、コンロと洗い場が分けて置かれることになります。このため、この2つの間に距離ができます。場合によってはこれが「使いづらさ」になります。

ただ、だからといってこの2つの距離を近づけすぎると、「狭いキッチン」になってしまうというデメリットが生じます。

 

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事