理想のキッチン・作業台を考える~U字型について|イエペディア

理想のキッチン・作業台を考える~U字型について

 

キッチンを考えるとき、「キッチンの作業台」を考えることは非常に重要です。キッチンの作業台にはコンロや洗い場がしつらえられており、包丁(まな板)を使うスペースがあります。

キッチンの主役となるものですが、これにもいくつかの種類があります。

U字型 とは

U字型は、「コの字型(キッチン)」と書かれることもあります。

メインとなる作業台が前面に来て、その左右いずれかにも作業スペースがあり、さらに後ろ側にも作業台(や物を置くスペース・家電を置くスペース)があります。

四方のうち、出入りするときに必要な1か所以外のすべてがキッチンスペースとして使えるかたちなのです。

メリット

U字型の一番のメリットは、その圧倒的な広さです。作業をするスペースに困ることはありませんし、家電や食材を置く場所にも困りません。

料理を趣味とする人にとっては、非常に使いやすいものです。また、食器を片付けるための収納スペースも広くとれるというメリットもあります。

作業のしやすさ・料理作りの快適さを考えるのであれば、U字型は非常におすすめです。また、出来上がった料理の盛り付けもしやすく、大勢の来客にも対応が可能です。

デメリット

ただ、U字型はある程度家の広さに余裕がないと入れることができません。

場合によっては圧迫感を覚えさせますし、当然のことながら1方向からしか出入りができません。また、単純に「使う材料」が増えるため、ほかのキッチンのかたちに比べると高額になりがちです。

 

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事