理想のキッチン・作業台を考える~ペニンシュラ型について|イエペディア

理想のキッチン・作業台を考える~ペニンシュラ型について

 

キッチンを考えるとき、「キッチンの作業台」を考えることは非常に重要です。キッチンの作業台にはコンロや洗い場がしつらえられており、包丁(まな板)を使うスペースがあります。

キッチンの主役となるものですが、これにもいくつかの種類があります。

ペニンシュラ型 とは

ペニンシュラ型は、アイランド型とは異なり、台所の壁に左右いずれかの部分がくっついているかたちのキッチン作業台をいいます。ペニンシュラ型は「半島」という名前を持っています。

メリット

完全に独立してしまうアイランド型とは異なり、ある程度省スペース化が可能です。アイランド型にするほどの広さが確保できない場合は、このペニンシュラ型を選ぶとよいでしょう。

また、アイランド型に比べて選べる換気扇の種類が豊富であるため、リビングににおいや煙が行きにくいというメリットもあります。

コンロの前に壁が設けられることも多く、アイランド型よりは油はねのリスクを軽減しやすいのも特徴です(もっとも、ペニンシュラ型でもコンロの前に壁を設けないスタイルもあります)。

デメリット

解放感という意味では、アイランド型には劣るでしょう。また、アイランド型の最大の特徴である、「左右どこからでもキッチンに入ることができる」というメリットも、ペニンシュラ型を選ぶのならばあきらめざるを得ません。

キッチンの広さがそれほど広くない場合は、窮屈感が出る可能性もあります。

 

エヴァーホーム施工事例へ

 

関連記事