年収300万円の住宅ローン減税

年収600万円の住宅ローン減税

一定の条件を満たした住宅購入時に住宅ローンを利用すると、最初の10年間住宅ローン年末残高の1%について所得税と住民税の減税を受けられる住宅ローン減税の適用を受けられます。

あくまでも減税のため、所得税と住民税を納めている分しか恩恵を受けられず、その額は年収によって異なります。

ここでは、年収600万円の方が住宅ローン減税を受ける場合、どの程度の減税を受けられるか見ていきたいと思います。

年収600万円の減税額は?

酒井会計事務所の「年収別 手取り金額 一覧 (年収100万円~年収1億円まで対応)」によると、年収600万円の方の所得税は20.34万円程、住民税は30.42万円程となっています。

(実際には、配偶者控除や扶養控除などの適用状況により個別に異なります)

住宅ローン減税は先に所得税から減税が適用され、余りがある場合には住民税についても減税を受けられますが、その上限額は13.65万円となっています。

このため、先ほどの例で言うと、年収500万円の方が受けられる最大控除額は33.99万円程になります。

住宅ローン減税を意識して住宅ローンを組むのでれば、借入額は3,400万円程度以下にするのがよいでしょう。

なお、住宅ローン減税と同様、消費税増税の緩和策として用意されているすまい給付金はおおよその年収が510万円超だと補助金を受け取ることはできません。

参考:https://www.sakai-zeimu.jp/blog/archives/7051

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事