理想のキッチン間取り~フルオープン|イエペディア

理想のキッチン間取り~フルオープン

 

「完全独立型」と真逆の性質を持つキッチン。それが「フルオープンタイプ」です。

これは、リビングと台所の間に一切の壁をしつらえないタイプのキッチンをいいます。多くの場合キッチンのワークスペース台でキッチンとリビングを切り替えるかたちをとります。

ただ、キッチンのワークスペース台を壁にくっつけるかたちで、背中をリビング側に向けて調理をする形態もあります。

メリット

非常に開放感のある明るいキッチンになるのが特徴であり、スペースを広くとることもできます。出来上がった料理を家族に運んでもらう……という使い方もできます。

フルオープンの一番大きなメリットは、家族とコミュニケーションをとりながら料理ができることでしょう。

子どもたちの顔を見ながら料理ができるため、「料理をしている時間はたいていワンオペ育児になる」というご家庭にも向いています。

デメリット

ただ、フルオープンタイプの台所の場合、換気がきちんとできないとリビングにそのままにおいが流れることになります。

また、リビングからキッチンが丸見えになるため、常にキッチンを美しく保つ必要があります。

特に来客が多いご家庭の場合などは、お客様の目にもキッチンがさらされるため、かなり緊張感があります。

 

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事