住宅ローン減税と長期優良住宅・低炭素住宅|イエペディア

住宅ローン減税と長期優良住宅・低炭素住宅

一定の要件を満たした住宅を購入するにあたり、住宅ローンを利用すると、最初の10年間、住宅ローン年末残高の1%について所得税と住民税から減税を受けることができます。

長期優良住宅・低炭素住宅では住宅ローン減税はどうなる?

この住宅ローン減税について適用を受けられるのは住宅ローン借入額のうち4,000万円までとなっていますが、住宅が長期優良住宅もしくは低炭素住宅の場合には最大適用額を5,000万円とすることができます。

最大で1,000万円×1%×10年間=100万円もの減税効果を得られるため、住宅ローンの借入額が5,000万円程度以上で、一般住宅から長期優良住宅や低炭素住宅に変えるのに100万円以下で変更できるのであれば、費用負担なく建物をアップグレードできることとなり、お得です。

なお、長期優良住宅にすると住宅ローン減税以外にも不動産取得税や固定資産税、登録免許税においても減税を受けることができます。

また、長期優良住宅や低炭素住宅を建てるにあたり、住宅ローンを利用せずに自己資金で購入すると最大で65万円の投資型減税を受けられます。

投資型減税は一般住宅では適用を受けられません。

長期優良住宅や低炭素住宅を建てる予定であればこうした制度があることを覚えておくとよいでしょう。

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事