理想のキッチン間取りを作るためのヒント|イエペディア

理想のキッチン間取りを作るためのヒント

 

「台所」の広さをどれくらいとるかは、家庭によって異なります。

ただ、台所の平均的な広さは4.5畳程度だとされていますから、これが一つの基準となるでしょう。実際には、これに通路などが組み合わさるため、「平均的な広さは5.7畳である」とする見方もあります。

ただ、これはもちろん一軒家、それも特にLDKを基本とする際の広さのことです。一人暮らし用のアパートなどではこのような広さは望むべくもありませんし、一軒家でも家によってはもう少し小さくなることもあります。

また逆に、「料理が好きでいつも台所にいる」「家族が非常に多いので、台所も広く取りたい」と考えるご家庭の場合は、台所だけで1つのお部屋くらいの広さを確保するケースもあります。

台所の広さを決める際は、間取り図だけで判断するのではなく、一度は住宅展示場やリフォーム会社の展示ルームに足を運んでみるようにしてください。現在の住宅展示場や展示ルームでは台所に必要な家電用品も置いてありわかりやすくしているため、参考になるでしょう。

ただ、「実際には台所はこんなに片付いてはいない」「いろいろなものが置かれること」も想定してみていく必要があります。

 

エヴァーホーム施工事例へ

 

出典:コンフォート建築設計弘法「COMFORT ARCHITECT WORKS」

快適な家事をするための『キッチンに必要な広さとは!?』

 

関連記事