子ども部屋に最低限持たせたい機能とは?|イエペディア

子ども部屋に最低限持たせたい機能とは?

「子ども部屋をどのように考えるか」は、家庭によって異なります。ただ、多くの場合、子ども部屋は「子ども自身の自立を促すための場所」「子どもが勉強しやすい環境」として作られることでしょう。

これを基本として、子ども部屋に持たせたい機能を考えていきます。

子ども部屋に持たせたい機能

・就寝スペースとして(ベッド)

子どもの自立を促したり、また子どもが思春期を迎えたりする時期に差し掛かれば、当然「一人で寝ること」が求められるようになります。そのため、ベッドもしくは布団が必要です。

・学習スペース(机)

学習を行うための机も当然必要です。テーブルタイプの机でも構いませんが、受験勉強などを本格的にするようになると、テーブルタイプでは腰に負担がかかります。学習机を早い段階で入れるとよいでしょう。

・収納スペース(本棚や衣服を片付ける棚)

収納スペースも当然必要です。本棚と衣服を片付けるところは分けると使いやすいかもしれませんが、ある程度可変性のある作りにしておくと学齢があがっても無理なく利用できるでしょう。

また、収納家具を選ぶ場合は、子ども自身の手で片付けられるように、「子どもにとって片付けやすい家具」を選ぶことが重要です。

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事