消費税増税で住宅ローン返済額はどう変わる?|イエペディア

消費税増税で住宅ローン返済額はどう変わる?

2019年10月に消費税が10%になることが予定されていますが、消費税が8%から10%に増税されると住宅ローン返済額はどのように変わるのでしょうか。

増税による影響がどれぐらいになるかシミュレーション

ここでは、住宅取得に対し、3,000万円(建物2,000万円、土地1,000万円)の住宅取得に対し100%の住宅ローンを組むことを想定し、すまい給付金を含めてシミュレーションしてみたいと思います。

すまい給付金は消費税8%時に最大30万円、消費税10%の時に最大50万円が受けられますが、ここではいずれも最大額の給付を受けられるものとします。

まず、消費税は建物にしかかからず、土地は非課税です。

このため、消費税8%の時の住宅取得額は2,000万円(建物価格)×8%(消費税)+1,000万円(土地)-30万円(すまい給付金)=3.130万円となります。

一方、消費税10%の時の住宅取得額は2,000万円(建物価格)×10%(消費税)+1,000万円(土地)-50万円(すまい給付金)=3,150万円となります。

それぞれ、金利1%、借入期間35年で借入した場合の住宅ローン返済額は消費税8のときに88,355円/月、消費税10%の時に88,919円となります。

差額は564円/月と、そこまで大きな影響はないと言えるでしょう。

ただし、消費税は建物以外に仲介手数料や司法書士報酬などにもかかるため、注意が必要です。

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事