消費税増税前後、どちらで住宅を購入するのがお得?|イエペディア

消費税増税前後、どちらで住宅を購入するのがお得?

2019年10月に消費税10%への増税が予定されていますが、住宅取得に関しては住宅取得者の負担増にならないよう、住宅ローン減税やすまい給付金が拡充されることが決まっています。

これらの制度を活用すると、消費税増税前後のどちらで住宅を購入するとお得なのでしょうか?

実際にシミュレーションしてみよう

ここでは、3,000万円(建物2,000万円、土地1,000万円)の住宅を、100%の住宅ローンを組んで購入することを想定してシミュレーションしたいと思います。

消費税については土地は非課税のため、増税の影響を受けるのは建物だけです。

また、すまい給付金は消費税8%時に最大30万円、10%時に最大50万円となりますが、ここではいずれも最大額を受けられるものとします。

以上を計算すると、消費税8%時の住宅ローン返済額は2,000万円×8%+1,000万円-30万円=3,130万円で88,355円/月、消費税10%時には2,000万円×10%+1,000万円-50万円=3,150万円で88,919円/月となります。

この段階で、増税前と増税後とではそう大きな違いがないことが分かります。

上記に加え、消費税増税後には住宅ローン減税の控除期間が10年から13年に拡充されます。

拡充された3年間については、控除額が「建物価格×2%÷3」となるため、3年間でおよそ40万円の減税を受けられます。

結果として、上記のような条件で住宅を購入される場合、消費税増税後の方がお得に購入できることが分かります。

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事