蓄電池を設置すると何が変わる?ZEH住宅と蓄電池|イエペディア

蓄電池を設置すると何が変わる?ZEH住宅と蓄電池

ZEH住宅の購入にあたり、蓄電池は設置したほうがよいのでしょうか。

蓄電池で効率がいいエネルギー利用

蓄電池とは、太陽光発電システムで発電した電気をためておける設備のことです。

通常、太陽光発電システムで発電した電気は、自家消費された後、余った電気を売電しています。

太陽が出ている間は、太陽光エネルギーで家庭内の電気を賄うことができますが、夜や雨の日など太陽光の出ていない時間については、太陽エネルギーを利用できません。

しかし、蓄電池を設置すれば、昼間に発電した太陽エネルギーを蓄電池に一度貯めておき、夜間や雨天時に蓄電池に貯めたエネルギーを利用できるようになります。

これにより、昼間や晴天時だけでなく、夜間や雨天時にも太陽光発電システムにより発電したエネルギーを自家消費でき、引いては光熱費を安くできます。

また、蓄電池を設置しておけば、災害などにより停電してしまった場合でも、太陽の出ている時間はもちろん、太陽の出ていない時間についても電気を使えるようになり、防災設備としても役立てられます。

なお、ZEH基準を満たし、交付決定を受けられれば70万円/戸の補助金を受けられますが、蓄電池を設置することで、2万円/1kwh(補助対象額の1/3又は20万円上限)の追加補助を受けられます。

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事