余った電気を売却!ZEH住宅の売電とは|イエペディア

余った電気を売却!ZEH住宅の売電とは

ZEH住宅にするには、断熱性能を高め、省エネ設備を設置すると共に、創エネ設備である太陽光発電システムを設置する必要があります。

ZEH住宅における売電の仕組みと効果

ZEH住宅に設置する太陽光発電システムでは、どの程度売電できるのでしょうか。

まず、ZEH住宅に設置する住宅用の太陽光発電システムについては、余剰電力買取制度による売電となります。

余剰買取制度とは、屋根の上に載せた太陽光発電システムで発電した電気を、最初に自分の家で消費して、余った電気を売電するという制度です。

発電した電気を自家消費分として利用することから、太陽光発電システムを設置していないのと比べて電気料金を安く抑えることができます。

つまり、余剰買取制度の場合、太陽光発電システムの設置により、上記の節電効果と、電力を売電することによる売電効果の2つの効果を得られるのです。

電気の売却価格はどれくらい?

太陽光発電システムの売電価格については、「固定価格買取制度」が採用されており、設置から10年間固定価格で買い取ってもらうことができます。

買取価格については1年ごとに異なり、2019年は24円/1kwhとなっています。

設置するエリアや個別の状況により異なりますが、ZEH住宅にして4~5kwの太陽光発電システムを設置する場合、上記、節電効果と売電効果の合計は8,000円/月~12,000円/月程度になることが多いでしょう。

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事