農地転用とは?土地を購入するうえで気を付けること

農地転用とは?土地を購入するうえで気を付けること

ご両親から相続や贈与を受けた土地が農地であったり、たまたま探していたエリアで条件にあう土地が農地だったりすることがあります。

農地に建物を建てる場合、宅地に変更する必要がありますが、この農地転用には少し注意が必要です。

農地転用について

まず、農地転用には1~2カ月程度時間がかかるのが一般的です。地域によってはもっとかかることもあるでしょう。

例えば、「子どもの学校の関係で半年以内に建物を新築して引っ越したい」といった場合には、普通の宅地に建物を建てるのと比べて余計に1~2カ月時間がかかることを想定しておく必要があります。

また、農地は必ず転用できるというわけではありません

例えば、農地のあるエリアが農振地域(農業振興地域)に指定されていると基本的に農地転用の許可はおりません

家を建てたいと思っている土地が農地であった場合には上記のようなことに気を付ける必要があります。

まとめ

なお、これらの手続きは司法書士に代行してもらうことができるため、自分が持っている土地や、購入したいと考えている土地が農地の場合には、司法書士に相談してみるとよいでしょう。

知り合いの司法書士がいない場合には、不動産会社や住宅会社から担当の司法書士を紹介してもらえるはずです。

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事