ZEH住宅が健康問題に良い影響を与えるのはどうして?|イエペディア

ZEH住宅が健康問題に良い影響を与えるのはどうして?

ZEH住宅は補助金を受けられることや、光熱費を安く抑えられること以外に、健康問題にもよい影響を与えてくれます。

健康被害のリスクを減らすことができる

ZEH住宅にすることで健康問題にプラスになることとしては、以下のようなものがあります。

・温度差が小さいためヒートショックが起きにくい

・高断熱+防湿でカビやダニを抑制

・省エネ設備の導入で体調を崩す心配がない

 

まず、ZEH住宅にすると断熱性を高められ、廊下と居室など異なる部屋間の温度差を小さくできます。

部屋間の温度差があると血圧が上昇し、心筋梗塞などを引き起こすヒートショックの心配がありますが、ZEH住宅にすることでその心配を減らすことができます。

また、ZEH住宅は断熱性だけでなく、気密性や換気性を高める必要があり、結果として室内は適度に乾燥した状態に保たれます。

乾燥状態が続くことでカビやダニの発生を抑えることができ、それらを原因とするアレルギーの心配を減らすことができます。

最後に、ZEH住宅では導入するエアコンなどの家電を省エネ性能の高い設備にする必要がありますが、このことにより夏場の暑い家の中(もしくは冬場の寒い家)でもエアコンの利用を無理に抑えるといった心配がありません。

結果として季節を問わず家の温度を快適に保つことができ、熱中症や風邪の予防につながります。

関連記事