ZEHシリーズ最上級の機能を備えたZEH+Rとは!?|イエペディア

ZEHシリーズ最上級の機能を備えたZEH+Rとは!?

ZEH+Rとは、ZEHより高性能なZEH+(ゼッチプラス)の基準を満たすのに加え、停電時のレジリエンスを強化した住宅のことです。

ZEH+Rの特徴とは

ZEHが補助金70万円/戸、ZEH+が補助金115万円/戸なのに対し、ZEH+Rは125万円/戸の補助金を受けられるようになっています。

レジリエンスとは「弾力」や「復元力」と訳されるもので、住宅においては平常時の免疫力や非常時の回復力を持つ家のことを指します。

具体的には、災害に遭った時にできるだけ被害に合わないようにすると共に、万が一被害にあってしまった場合には素早く回復することを目指した住宅です。

ZEH+Rにするには、ZEH+の条件を満たした上で、さらに停電時に使用できる非常用コンセントを主たる居室を含む3カ所に設置する必要があります。

ZEHやZEH+、ZEH+Rにすることで得られる補助金の他、蓄電池を設置することでZEHやZEH+と同様補助金を受けることができますが、その額は2万円/kwh(補助対象額の1/3又は30万円が上限)となっています。

さらに、太陽熱利用温水システムは、空気式で60万円/戸、液体式で集熱パネル面積4平方メートルで17万円/戸、6平方メートルでは20万円/戸が加算されます。

蓄電池の設置と空気式の太陽熱利用温水システムを導入すれば、最大で215万円もの補助金を受けられるようになっています。

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事