お家づくりの覚書、ライフプラン|イエペディア

お家づくりの覚書、30代でお家を建てるメリットデメリット


30代の方は、今まさにお家づくりについて考えているという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、30代でお家を建てるメリットデメリットをお伝えします。

メリット

まず、30代でお家を建てるメリットは職場や年収など固まってきていることが多く、将来のライフプランが立てやすいということが挙げられます。

ローンの完済時期を考えると、35歳で35年ローンを組んだ場合、繰上返済を利用しなければ70歳での完済となるため、定年前後での完済がぎりぎり可能な年代だと言えます。

また、お子様が大きくなって小学校や中学校への進学のタイミングなど、新築を考えるタイミングが訪れやすい年代でもあります。

デメリット

一方、デメリットとしてはできれば定年までにローンを完済したいと考えると、定年を少し過ぎてしまう可能性があることや、お子様の習いごとなどで出費の多くなる時期であることなどが挙げられるでしょう。

30代で家を建てる場合には、完済時期を考えるとできれば30代前半で建てたほうがよいでしょう。

とはいえ、各家庭でさまざまな事情があるものです。

30代後半でお家づくりを考えられている方は、ローンの借入期間を短くしたり、退職金での完済を想定したりと対策を考えるとよいでしょう。

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事