成功する土地探しと失敗する土地探し、それぞれの土地探しの特徴と改善点とは?|イエペディア

成功する土地探しと失敗する土地探し、それぞれの土地探しの特徴と改善点とは?


土地探しは、家づくりにおいて最初に遭遇する難関ですが、土地探しに成功する人と失敗する人とではどのような違いがあるのでしょうか?

土地探しに成功する人の特徴

まず、土地探しで成功する人は「対象エリアの土地の相場感」を知っていることが多いです。

土地を見られた上で決断できない理由の多くは「条件に合うけど価格が高い」か「価格は魅力的だけど条件に合わない」かのどちらかではないでしょうか。

ここで、「価格が高い」と感じるか「価格が魅力的」と感じるかは土地を見る人の相場感によっています。

実際、最初は条件に合わない土地が多かったものの、多くの土地を見ていく中で相場感を養われて、土地を決められていく方もよく見られます。

土地探しに失敗する人の特徴

次に、土地探しで失敗する人は「エリアにこだわりすぎてしまう」ことが少なくありません。

エリアを決められる理由として「ご実家との距離」や「通わせたい学校までの距離」、「職場までの距離」などが挙げられるでしょう。

しかし、最初にこれらを設定してしまったが故に、これらに捉われすぎてしまう方がいらっしゃいます。

例えば、学校までの距離については近い方が登下校時に安心というメリットがありますが、一方で遠い方が登下校で体力がつくといった意見もあります。

土地探しで詰まってしまった場合には、「本当にそれは必要な条件か?」を家族で話し合ってみるとよいでしょう。

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事