住宅ローンは年収の何倍まで借りられる?|イエペディア

住宅ローンは年収の何倍まで借りられる?


住宅ローンが年収の何倍まで借りられるか?については金融機関によって異なりますが、基本的には「返済負担率」と「審査金利」を用いて決められます。

返済負担率と審査金利

「返済負担率」と「審査金利」については、金融機関ごとに定められます。

例えば、住宅金融支援機構のフラット35では返済負担率を年収400万円以上の場合で35%以下400万円未満の場合で30%以下と定めています。

例えば、年収500万円であれば返済負担率は35%なので年間で175万円までであればローンの返済に充ててもよいと言うことになります。

フラット35金利について

次に、審査金利は返済負担率を計算する時の金利とするもので、実際の金利とは別に設定されることが多いですが、フラット35では実際の金利と同じ金利と採用することになっています。

例えば、2019年2月時点のフラット35の金利は1.310%なので、審査金利においてもこの金利が採用されます。

なお、フラット35については「年収いくらの時にいくらまで借りられるのか」についてホームページ上で計算できるようになっており、例えば年収500万円だと借入可能額は4,910万円です。

実に9.82倍まで借りることができることが分かります。

ただし、民間の金融機関だと一般的にフラット35より借入可能額が低くなることが多いです。


興味があれば返済負担率や審査金利を調べて自分で計算してみるとよいでしょう。

エヴァーホーム施工事例へ

関連記事